implant

  • TOP
  • インプラント治療・口腔外科

日本口腔インプラント学会認定医
によるインプラント治療

中野の歯医者「松山デンタルオフィス中野」では、失ってしまった歯を補うためのインプラント治療をはじめ、お口の外傷などの治療を行う口腔外科にも対応しています。どんな治療に対しても、まずは患者さまのご要望をじっくりとお聞きして適切な方法をご提案しますので、お悩み事がございましたらお気軽にご相談ください。

インプラントって?

インプラントって?

チタン製の人工歯根を顎の骨に埋入し、その上に人工の歯をかぶせ、機能を回復させる治療方法です。 元の自然な状態に極限まで近づける事が出来ます。入れ歯やブリッジと違い、他の歯に負担をかけることはありません。

1本の歯を失った方はもちろん、全ての歯を喪失してしまった方までほとんどの症例に応用可能です。喪失した歯の本数が少なく、入れ歯ではなくブリッジでも十分な治療が可能な方でも、隣の歯が無傷の場合、インプラントをお勧めいたします。

理由としてブリッジを作るためには健康的な歯に幾分かのダメージを与えてしまうことがあげられるためです。インプラント治療の最近のデータでは、10年後でも95%以上の成功率と、ブリッジよりも優位な結果が報告されています。

インプラントって安全なの?

インプラントって安全なの?

インプラント手術は安全性の高い手術ですが、もちろん外科手術ですので危険性が皆無なわけではありません。例えば下の顎のインプラント手術では神経までの距離をCTの画像で正確に診断していく必要があります。また傷口が化膿したり、術後衛生状態が悪いと歯周病のようにインプラントの周囲の歯肉が炎症を起こすこともあります。

インプラント治療成功の鍵は、術前の正確な診査診断、適切な手術術式、適切な術後管理など、インプラント本体ではなく、術者の力量や、医院の設備に大きく依存しています。より安心・安全な手術を受けていただけるよう、当院では口腔外科手術経験が豊富な医師が担当し、術後のメンテナンスも徹底して大切なインプラントをお守りいたします。

症例紹介

下顎奥歯のインプラント治療
治療前
治療後
症例名 下顎奥歯のインプラント治療
患者さまの主訴 奥歯にインプラント治療をしたい。銀歯も綺麗にしてほしい。
治療内容 下顎臼歯部にはインプラント治療を、銀歯はセラミックに置き換えて審美性の高い歯に置き換える。
患者さまの年齢 69歳
患者さまの性別 女性
治療期間 1年間
治療にかかった総額 約250万円(インプラント治療40万円×5本、セラミック治療50万円)
治療する際に起こるメリット 天然の歯と同じように、審美的・機能的に優れた奥歯が入り、咬むことが出来る。
治療する際に起こるリスク・副作用 インプラントも天然の歯と同じようにメインテナンスは必須であり、放置することでインプラント周囲炎を引き起こす可能性がある。

一生に1回のインプラント治療

一生に1回の治療のため失敗は許されません。完璧な手術を行うために、当院では術前の診断と患者さまのご決断を大切にしています。

術前診断

術前診断

インプラントの配置が本当に適切かどうか?ただ欠損がある部位にインプラントを入れて終わり、これでいいのでしょうか?まず、知っておいていただきたいことは、インプラントと天然の歯との橋渡し(ブリッジによる治療)は禁忌とされているということです。インプラントの隣の歯がもし将来抜歯になった場合は、基本的に隣の歯もインプラントにしなくてはなりません。

当院のインプラント治療は患者さまの歯が、今後どのように変化していくのかある程度予想を立てて、生涯において最悪の状態を想定します。そしてその状況で最終的な補綴治療(歯を作る治療)はどうするべきか、あらかじめ予測を立てます。それを踏まえた上で、今どのような治療を施すべきかを考えます。一生に1回の治療を失敗しないために、徹底的な診断が重要です。

また、なぜ抜歯になってしまったかという原因の考察も非常に大切です。こちらは主に咬み合わせや、歯が清掃しづらい環境になっていることが原因になることが多いです。ベストな治療はこれらネガティブな要素を改善させてから歯を作る(インプラントをする)ことがベストです。

術前診断

もう一点、重要なことは、入れたインプラントは一生動かせないということです。天然の歯は歯列矯正治療で動かしていくことが可能ですが、入れてしまったインプラントは動かすことが不可能です。今更矯正治療?と考える方もいらっしゃると思いますが、審美的な観点だけでなく、清掃しやすい環境にするためや、歯の欠損を補うため、歯を保存するためなどの場合も、歯列矯正が必要になる可能性は多くあります。その時に動かない不動の根があることで治療計画に支障がでることがないか考慮しなければなりません。やはり大切なことは生涯の予測で、それを診断するためには術前の徹底的な検査によるリスクの洗い出しを行う必要があります。

最善の治療を行うには、術前の徹底的な検査と診断が重要です。

患者さまのご決断

患者さまのご決断

インプラントが万人に最良の治療であることはあり得ません。3種の歯を作る治療(義歯・ブリッジ・インプラント)それぞれにメリット、デメリットがあり、どの治療が患者さまにとって最良かは、歯や口腔内の環境だけでなく、患者さまのパーソナリティを考慮してよく検討する必要があります。

インプラント治療は素晴らしい治療法で、1960年代にスタートしてから、現行のインプラントに至るまで改良が繰り返され、現在、非常に高い成功率でご自身の歯と同じように咬め、隣の歯を傷つけない治療として確立されいます。

患者さまのご決断

しかし、生理的に手術が嫌いな患者さまや、体内に金属があることに抵抗がある患者さまもいらっしゃいます。そのような患者さまにインプラント治療を無理に行うことは、健全な医療とは呼べません。インプラント治療をご希望されて、つなぎの治療で一時的に入れた義歯が予想以上に調子がよく、そのままインプラントをご希望されないケースもあります。

当院では、患者さまがご納得されて、施術を受けていただくことを一番大切にしております。ご決断のためのお手伝いをすることが当院の役目であると思っております。

当院のインプラントの特徴

口腔外科手術の経験を積んだ
歯科医師による手術

口腔外科手術の経験を積んだ歯科医師による手術

口腔外科学教室に在籍し、毎週全身麻酔下で多数の手術を経験、麻酔下研修も行い、全身麻酔術の経験から全身管理を学びました。口腔外科手術、感染に対するアプローチの専門家です。

日本全国のインプラント専門歯科医師150院以上が集うスタディグループ「CID club」は、日本でトップクラスのインプラントロジストの集団です。院長もアクティブメンバーとしてグループに参加し、研鑽を積んでいます。また院長は日本口腔インプラント学会の認定専修医です。

世界的に実績のあるインプラント
メーカーの採用

世界的に実績のあるインプラントメーカーの採用

世界40カ国以上で使用されており、最も信頼されているスイスのインプラントメーカーです。現在、日本で最も多く使用されているメーカーのひとつで、世界では2番目に使用されています。

徹底した術前の診査・診断

徹底した術前の診査・診断

顔貌の写真分析・レントゲン分析・歯型の分析を行います。状況に応じてCADIAXによる顎の運動の分析を行い、失敗の出来ない手術のために徹底した分析を行います。

コンピューター上でインプラントを埋入前にシュミレーションを行います。カウンセリングにも使用出来、ご自身のインプラント計画が視覚的にわかりやすく理解出来ます。

ガイデットサージェリー

ガイデットサージェリー

コンピューター上でシミュレーションした位置に正確にインプラントを埋入するための最新の手術術式です。フリーハンドで行う手術に比較し、より正確な手術が可能です。

徹底した滅菌環境・クラスB滅菌器の導入

徹底した滅菌環境・クラスB滅菌器の導入

ドイツ製のハンドピース(歯を削る装置)や、手術器具を滅菌する装置です。小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、非常に高性能の滅菌器です。

手術のストレスをより少なくする
ための静脈内鎮静法

手術のストレスをより少なくするための静脈内鎮静法

麻酔専門医により、麻酔薬の点滴を行い、半分眠った状態で手術を行うことも可能です。欧米では日常的に行われる方法で、全身麻酔ではないので入院不要、即日帰宅可能です。特に手術に恐怖心が強い患者さまにはおすすめです。

専用のオペ室完備

専用のオペ室完備

完全個室のインプラント専用オペ室を備えています。マイクロスコープも設置し、より清潔な空間・高度設備の整った環境で治療を行います。

インプラント治療後のケアも重要です

インプラント治療後のケアも重要です

インプラントは作り物の歯のため、放置していても問題ないとお考えの患者さまもいらっしゃるのですが、それは大きな間違いです。インプラントが必要になる理由の多くは歯周病や生活習慣の乱れによるお口のダメージであり、その根本的な問題を解決しなければインプラントにも悪影響が出てしまいます。

インプラントのメンテナンスが不足していると、細菌がインプラントの周囲に炎症を起こす「インプラント周囲炎」に感染することもあるため、インプラントを入れた後も適切なメンテナンスを継続することが大切なのです。

口腔外科

お口の総合的な治療を

口腔外科では歯や舌、顎、顔面の病気や症状に関して総合的に治療を行います。主な治療に、顎骨に埋まった親知らずの抜歯や口腔内にできた腫瘍の除去や外傷の治療があります。

特に親知らずは垂直に生えてこないと他の歯を押し、歯並びを悪化させたり、歯ブラシが届きにくく虫歯になるなど、トラブルの元となります。親知らずを抜くべきか否かのアドバイスも含め、当院でご相談に乗りますので、お気軽にご利用ください。

こんな状態の親知らずは抜歯を

こんな状態の親知らずは抜歯を

口腔外科で頻繁に行われる手術の一つに親知らずの抜歯があります。10代後半から20代前半に生える一番奥の臼歯が親知らずですが、人によって生え方が異なります。親知らずは抜歯するものという印象がありますが、きちんと垂直に生え、咬み合わせが適切な場合はその必要はありません。親知らずを抜歯する必要があるのは以下の場合です。

  • 歯茎の腫れ、痛みがある
  • いつも食べ物が詰まる
  • 手前の歯や「親知らず」が虫歯になった
  • 顎の骨の中に埋まっているが、他の疾患の原因になっている
  • 生え方が悪く、かみ合わせを悪くする原因となっている

松山デンタルオフィス中野の口腔外科

松山デンタルオフィス中野の口腔外科

松山デンタルオフィス中野では、院内感染を防ぐための滅菌をはじめ衛生管理がしっかりとした環境・機器で口腔外科に対応するため安全性の高い治療を行うことができます。矯正前の抜歯も当院で対応可能ですので、ご要望がありましたらご相談ください。

また、お口周りの外傷などについても口腔外科に精通したドクターが対応しています。難しい親知らずの抜歯などの場合でも対応できる可能性がありますので、まずはご相談ください。口腔粘膜疾患など、大きな病院で施術を受ける必要があるかどうかの判断も可能です。