最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

一般歯科から矯正・小児歯科まで対応 中野駅すぐの歯医者さん

東京都中野区中野2-30-3 マルニビル6F
午前9:30~13:30(最終受付13:00)/午後15:00~19:30 (最終受付19:00)
※土曜・日曜は18時まで。(最終受付17:30) 休診日/祝日

口腔外科

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 口くう外科
  • 採用情報
  • ドクター・スタッフブログ

お口の総合的な治療を

口腔外科では歯や舌、顎、顔面の病気や症状に関して総合的に治療を行います。主な治療に、顎骨に埋まった親知らずの抜歯や口腔内にできた腫瘍の除去や外傷の治療があります。

特に親知らずは垂直に生えてこないと他の歯を押し、歯並びを悪化させたり、歯ブラシが届きにくく虫歯になるなど、トラブルの元となります。親知らずを抜くべきか否かのアドバイスも含め、当院でご相談に乗りますので、お気軽にご利用ください。

こんな状態の親知らずは抜歯を

口腔外科で頻繁に行われる手術の一つに親知らずの抜歯があります。10代後半から20代前半に生える一番奥の臼歯が親知らずですが、人によって生え方が異なります。親知らずは抜歯するものという印象がありますが、きちんと垂直に生え、咬み合わせが適切な場合はその必要はありません。親知らずを抜歯する必要があるのは以下の場合です。
・歯茎の腫れ、痛みがある
・いつも食べ物が詰まる
・手前の歯や「親知らず」が虫歯になった
・顎の骨の中に埋まっているが、他の疾患の原因になっている

メールでのお問い合わせ

PAGETOP